掲載の情報は2016年11月02日現在のものです。

ほうごんいん
宝厳院

春は桜、秋は紅葉が楽しめる回遊式山水庭園

「宝厳院」は、天龍寺の塔頭寺院として寛正2年(1461年)に創建されました。その見どころは、嵐山の自然を巧みに取り入れた回遊式山水庭園「獅子吼(ししく)の庭」。禅僧・策彦(さくげん)禅師の作とされる庭園には、「獅子岩」と名付けられた巨石が配されています。春は桜を楽しむことができ、さらに秋の紅葉は夜間ライトアップでも。また特別拝観時のみ公開される、本堂襖絵「風河燦燦三三自在」も注目です。

クローズアップ

アクセス嵐電嵐山本線「嵐山」駅下車すぐ
駐車場あり
拝観時間9:00~17:00
休業日拝観は春・秋の特別公開時のみ
期間外は非公開
拝観料大人500円、中・小学生300円
夜間特別拝観 大人600円、中・小学生300円
本堂参拝は大人500円、中・小学生300円
郵便番号〒616-8385
所在地京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
TEL075-861-0091
FAX075-861-0034
webサイトhttp://www.hogonin.jp/
ジャンル:
/
エリア:
嵐山

こちらのスポットもよくご覧いただいてます

あなたにおすすめの記事