京都いいとこブログ > タグ > 珈琲

「タグ:珈琲」一覧

ヱントツコーヒー舎


上七軒・北野エリアで話題のカフェ「ヱントツコーヒー舎」さんへ行ってきました。

細い通路の途中、見上げると空。

物語の世界に迷い込んだような、いろんな仕掛けのあるお店です。

カフェオレでいっぷく。

▼北野・上七軒エリアの旅
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/2012/03/index.html

寒い日は二条小屋


とある寒い日。友人と京都カフェ巡りにでかけました。そのひとつが「二条小屋」。カウンターのみですがその後ろに椅子があるので座るもよし、荷物置き場にするもよし。

珈琲はこんな感じで目の前に用意されます。

そして目の前ドリップ。不思議とワクワクしますね!

オイルサーディーンとキャロットラペのホットサンドとともに。

▼二条周辺の観光コース特集
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/2013/01/index.html
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/nijojo/index.html

【京都BAL】小休憩したくなる焼菓子のカフェ


京都BAL2階の「マーガレット・ハウエル」。ロンドン発のデザイナーズブランドなのでファッションのイメージがあるかもしれませんが、じつはカフェが併設されているんですよ。

パウンドケーキやスコーン、マフィンなど、いずれも添加物不使用のオリジナルスイーツ。コーヒーや紅茶も、創業者でデザイナーのマーガレットハウエル氏が味を確認して厳選。たとえば、オリジナルブレンドの珈琲は酸味のないマイルドなタイプとのこと。写真の焼菓子はジンジャーのパウンドケーキ。イートインすると、生クリーム&ジャムが添えられます。写真は黒カシスのジャム。砂糖とフルーツだけで3日間じっくり煮詰めているそうです。

カフェのみの利用者も多いとのことなので、観光や買い物の小休憩がてら気兼ねなく立ち寄れそうですね。ドリンクや焼菓子のテイクアウトも可能ですよ。

■マーガレット・ハウエル ショップ&コーヒー
TEL:075-253-0045
(カフェのラストオーダー19:30)

■京都BAL
http://www.bal-bldg.com/kyoto/

【京都BAL】京都で満喫ハワイの味


京都BALのオープンは11時からですが、それより30分早い10時30分にオープンするのが「ハワイアン アイランズ コーヒー」です。テラス席もありますよ。

お店の名前の通り、ハワイの島々で厳選された珈琲が選べます。看板メニューは、ホワイトハウスでも飲まれているという『コナ レインフォレスト オーガニック コーヒー』。フレンチプレスで抽出した、やさしい風味が特長の一杯です。

コーヒーのおともにはトーストメニューをどうぞ。写真はココナッツオイルをたっぷりかけた『ハワイアンフレンチトースト』です。見ているだけで、おなかがすいてきちゃいますね!

■ハワイアン アイランズ コーヒー
TEL:075-708-3237

■京都BAL
http://www.bal-bldg.com/kyoto/

【京都BAL】本屋カフェで豪華襖絵を眺めながらいっぷく


京都BAL地下にある、京都最大級の書籍文具店「丸善」。地下2階では「マルゼンカフェ」も併設されています。その客席には以前「洛中洛外図屏風」の高精細複製原画が展示されていました。歴史とアートを感じながら、食事をしたりコーヒーを飲んだりできる…それが「マルゼンカフェ」です。

その「洛中洛外図屏風」が昨年12月、新たなアート作品に入れ替えられたことをご存知でしょうか。それがこちら。

狩野尚信筆、知恩院襖絵「仙人図」。金箔の上に高精細印刷をほどこした、複製とは思えないクオリティで空間を彩っています。ぜひ間近でご覧いただきたい作品です。

カフェでは名物ケーキ「檸檬」、フラスコごと提供されるサイフォンコーヒーがおすすめ。ランチタイムなら、人気の「早矢仕ライス(ハヤシライス)」に京野菜を添えた京都店限定メニューをぜひ!

■マルゼンカフェ京都店
TEL:075-708-3408
11時~21時(LO20時30分)
※ランチタイムは11時~15時

■京都BAL
http://www.bal-bldg.com/kyoto/

ENJOY COFFEE TIME in 元・立誠小学校第2弾


珈琲ファン必見のイベント第二弾です。

コーヒーの飲み比べやワークショップ、軽食販売など、至極のコーヒータイムが満喫できてしまうイベント「ENJOY COFFEE TIME 」。木屋町の元・立誠小学校を舞台に開催されます。

【出店】

●珈琲
Unir
大山崎COFFFEE ROASTERS
Kurasu
CLAMP COFFEE SARASA
サーカスコーヒー
TRAVELING COFFEE
ナカヤマコーヒー
HIBI COFFEE KYOTO

●フード
asipai(カレー)
さらさ焼菓子工房(焼菓子)
森林食堂(カレー)

●そのほか
Kalita+東急ハンズ京都店(ワークショップ)
誠光社(書籍)

【会期】
11月23日(水)11:00〜19:00
ENJOY COFFEE TIME in 元・立誠小学校
入場料200円 ※当日のみ

【入場券付チケット】
A.【入場券付】コーヒー飲み比べチケット(5枚綴り)1,200円
お得なセットチケット 
B.【入場券付】ENJOY COFFEE TIME プラマグ+コーヒー飲み比べチケット 2,000円
C.【入場券付】ENJOY COFFEE TIME Tシャツ(SMLサイズ)+コーヒー飲み比べチケット 3,000円
https://www.facebook.com/Enjoy-Coffee-Time-103053290153484/

土曜限定モーニング


一乗寺のアカツキコーヒーさんが土曜日限定のモーニングメニューをスタート。

トーストセット

▼アカツキコーヒー
http://kyoto.graphic.co.jp/guide/akatsuki-coffee/

レトロ喫茶静香、改修工事終了!


千本今出川の喫茶店「静香」が、メニューも新たにリニューアルオープンしました!

外観の一部が赤く塗られたので大きく変わってしまったのでは?と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、戦前から使っているレトロな椅子や机などのしつらえ、飾られている手動のコーヒーミルや絵画、店のレイアウトなどは基本的にそのまま引き継がれており、落ちそうだったという天井など安全面補強の改修を中心に行われた様子です。あわせてメニューもリニューアル。まずモーニングタイムに、ドリンク代+50円でハーフサイズのトーストとゆで卵がつきます。食事系のメニューは、サンドイッチのメニューを中心に、パフェやフレンチトーストなどいろいろ。サラダタイプと焼タイプ両方の玉子サンドが付いてくる「ダブル玉子サンド」というメニューもありました。12時以降はこういった軽食・スイーツに200円or250円でドリンクセットにすることができます。珈琲はサイフォン式。

北野や西陣エリアにお越しの際、新たな風が吹く「静香」へ足を運んでみては?

【京都NEW OPEN】テラスでのんびり、伏見稲荷のカフェ


伏見稲荷大社の本殿左となりを通ってゆるやかな石段を進んでいくと2手に道が分かれます。

右へ行けば千本鳥居。

左へ行けば八島ヶ池(お産場池)や産場稲荷。

この産場稲荷方面へ行き、稲荷山の登り口の方に進んでいく途中、この「バーミリオンカフェ」があります。

木やコンクリなど異なる素材の組み合わせがおしゃれな店内。

テラス席は伏見稲荷大社の千本鳥居がある方面へ向いています。

八島ヶ池の裏手にあたると思います。

伏見稲荷のJR稲荷駅のそばに「バーミリオン」というエスプレッソバーがありますが、そちらの2号店なんですよ。

「バーミリオン」は、叡電元田中駅の近くにある「WEEKENDERS COFFEE」の豆を使用。

伏見の焼菓子専門店がつくるケーキや焼菓子も一緒にいただけます。

伏見稲荷大社がモチーフとなったオリジナルの手ぬぐいやカードなども販売されていて、観光雑誌も豊富。

そんなお店の2号店は、この開放的な空間が魅力ですね。

今のところ、稲荷駅の方のお店とメニューはほぼ一緒のようです。

おいしい珈琲にケーキや焼菓子。抹茶ラテや抹茶ロールケーキなど抹茶を取り入れたメニューもありますよ。

京都NEW OPEN asipai + HIBI COFFEE


河原町七条の北東角。

宿屋「しずや」のある細い路地にオープンした

asipai + HIBI COFFEE。

カレー屋さん「asipai」とコーヒー屋「HIBI COFFEE」がコラボしています。

路地はいって右手に入口。奥はしずや。

asipaiさんは鳥取のカレー屋さんで

チキンカレーとポークキーマにココナッツ。

から揚げもあります。

HIBI COFFEEさんは朝7時30分からオープン。

トーストメニューやマフィンなどと一緒に

おいしい珈琲がいただけます。

ピザトーストをいただきました。

チーズがこんもり。

ナイフでチーズを切ってみると…

具がたっぷりのピザソース!

店内は隠れ家のような落ち着く雰囲気。

カウンター、テーブル席があります。

テイクアウトもOK。

もうすぐ開化堂のKaikado Cafeも近所にオープン。

じわじわと盛り上がりそうなこの地域。

京都いいとこマップ7・8月号(6月末発行)で

取り上げるエリアでもあります。

どうぞお楽しみに(^0^)

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る