京都いいとこブログ > タグ > 八幡市

「タグ:八幡市」一覧

桜の名所「背割堤」も一望!「さくらであい館」3月25日オープン


桂川・木津川・宇治川が合流する淀川三川合流域。ここにある淀川河川公園「背割堤地区」は、約1・4㎞の桜並木が楽しめる、人気のお花見スポットです。

また、この三川合流地域周辺には、石清水八幡宮が有名な八幡市、天王山の麓・大山崎町など、豊かな自然と歴史に恵まれた町々に囲まれています。そんな周辺地域を周遊してもらうことで地域を盛り上げていこうと、2017年3月25日、拠点施設「さくらであい館」がオープンすることとなりました!

場所は背割堤の桜並木の起点となる御幸橋沿い。管理棟と展望塔からなる施設です。京阪本線「八幡市駅」から歩いていくと、こんな具合に施設が見えてきますよ。駅からは歩いてだいたい10分です。

目の前にするとこんなかんじ。和風の落ち着いた外観ですね。

それでは施設についてご紹介しましょう。
まずは和風建築の特長も取り入れた「管理棟」へ。

管理棟

屋根がふわりとカーブを描く「むくり」という形式の木造平屋建て。京都産の天然土を使った土壁、町家にも見られる格子をモチーフとした外壁など、自然のやさしさを感じる日本らしい建築物です。

エントランス

吹き抜けになっており、天窓も備わっています。

さくらShop


週末を中心に地産地消の特産品を販売するコーナーです。土日祝には、京都文教短期大学の学生たちが地域と連携して開発した「三川オリジナルスムージー」を発売。さっそく25日から「キウイと小松菜のスムージー」、イチゴを使い桜の塩漬けを添えた「さくらのスムージー」が味わえるようです。

情報発信コーナー


休憩スペースにもなっているコーナーです。壁には「淀川」の歴史をパネル展示。

イベント広場「淀」&会議室「桂」&学習室「宇治」「木津」

4種類の貸しスペースがあります。マルシェやイベント、地域の集いや講座。いろんな取り組みに使えそう。

「淀」には周辺地域の観光パンフレットもいっぱい。ここで旅の計画を練って出かけてみるのはいかがでしょうか。

「宇治」「木津」の部屋からは、男山の良い眺め。

授乳室も完備。

つづいては「展望塔」へのぼってみましょう。

展望塔

高さ約28メートルの八角形の展望塔。八幡市内にある「八角堂」や、館の目の前にある御幸橋の親柱をモチーフにしたことで八角形が採用されました。

階段もしくはエレベーターでのぼります。

エレベーターが開くと目の前には木津川&宇治川!その真ん中に背割堤の桜並木です。

360度ビューなので、男山に天王山、愛宕山や比叡山、京阪電車、京都タワーも見えますよ。基本ガラス張りですが、上部の格子あたりは解放されており、風が通り抜けています。冬場は防寒忘れずに。

ちなみに外の駐輪場にはバイクラックも用意されています。サイクリングロードが整備されている地域なのでロードバイクユーザーも多いんですよね。

この「さくらであい館」のお披露目ともなる25日には、10時から開館式典。そして「出会い」をテーマとしたオープニングイベント「淀川三川春フェスタ2017」が25~26日に開催されます。

たとえば、旬の朝堀たけのこや石清水八幡宮門前名物「走り井餅」・地元人気のパン・伏見のお酒など地元グルメ盛りだくさんのマルシェ、ダッチオーブンを使った料理体験など。各地域からおいしい食と体験企画が大集合です!

また、淀川沿川で活躍しているというアーティストのJazzライブが両日開催されます。八幡市の「お茶の福翠園」、大山崎町の「大山崎COFFEE ROASTERS」のカフェも出店するので、珈琲やお茶で一服しながら音楽に耳を傾ける、そんな素敵な時間が過ごせそうです!

ほかにも様々なプログラムが目白押し。詳細は公式サイトをチェックしてみてくださいね!

「さくらであい館」で、まだ知らない京都との「出会い」をお楽しみください!

「淀川三川合流域 さくらであい館」の概要

京都府八幡市八幡在応寺
開館時間9:00~17:00
※3月25日は12:00より一般開館
展望塔は桜開花時期以外は無料
※3/25~4/10は有料:300円/小・中学生100円
https://www.yodogawa-park.jp/

周辺エリアの過去のこたび特集

・長岡京市(初夏のご利益ウォーク)
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/nagaoka/
・八幡市(乗って歩いて八幡市さんぽ)
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/yawata/

紅葉と信長・秀吉・家康ゆかりの地を巡る京都ツアー


歴史もグルメも自然も楽しみたい!
そんな欲張りさんにおすすめのツアーがあります。それは、紅葉が山を彩る季節、男山山上に鎮座し、名だたる武将とゆかりある「石清水八幡宮」とともに周辺の名所を巡る、京都・八幡市が舞台のツアー!



≪コースの流れ≫

京都駅南口集合(9:30)

八幡市駅

男山ケーブル(★1)

石清水八幡宮(★2)

松花堂庭園・美術館(★3)

善法律寺(★4)

サントリー山崎蒸留所・山崎ウイスキー館(★5)

京都駅(17:30頃)

≪ツアーのおすすめポイント≫

★1 絶景のケーブルに乗ってらくらく山頂
赤と黄色のツートーンカラーで、おもちゃのようなフォルムがかわいらしいケーブルに乗り、約3分の空中散歩。くだってくるケーブルと行きかう風景や、町の風景をお見逃しなく。

★2 歴史的な地で見る宝物とグルメ
石清水八幡宮では、神職による説明で華やかな本殿へ昇殿し説明を聞きながら参拝することができます。きらびやかな彫刻など必見です!さらには信長・秀吉・家康らの直筆書状を公開。ランチは「松花堂弁当」。「石清水八幡宮」と「松花堂弁当」、じつは、つながりがあるんですよ。

★3 日本庭園で紅葉と美術鑑賞
日本庭園の風情がゆったりと楽しめる「松花堂庭園・美術館」。珍しい竹や苔、茶室などの風情に紅葉が彩りを添えます。寛永の三筆と名高い松花堂昭乗ゆかりの美術品は、解説付きで見学!

★4 足利氏ゆかりのもみじ寺へ
「紅葉寺」と呼ばれる街道沿いの寺院。紅葉が彩る庭園を散策します。

★5 朝ドラでも話題になった蒸留所へ
サントリー山崎蒸留所・山崎ウイスキー館にて、見学やショップでのお買い物が楽しめます!

≪概要≫

出発日:11月24日(木)、27日(日)
集合:京都駅南口(9:30)
旅行代金:9980円(昼食込)
※添乗員同行
※最小催行人数25名

≪お問い合わせ・お申込み≫

京都新聞旅行センター
075-256-2233(月~金10:00~17:00)
※土曜は14:00まで
https://kyoto-pd.co.jp/products/detail.php?product_id=1504


【京のこたび番外編(vol.3/全3回)】レンタサイクルで流れ橋へ行こう


京都いいとこマップ(2016年9・10月号)京のこたび「八幡市」編で、誌面掲載しきれなかったスポットをご紹介。オモシロ風景や八幡市グルメをお届けします。(全3回)

八幡市の散策に便利な「レンタサイクル」!男山周辺の散策にも使えますが、木津川沿いに整備されている「サイクリングロード」を走り、時代劇の撮影地と有名な「流れ橋」まで足をのばしてみてはいかがでしょうか。

自転車は京阪電車「八幡市」駅改札すぐそばにある「観光案内所」にて受付。黄色い自転車を借りていざ木津川沿いへ。駅から木津川沿いはわりとすぐです。流れ橋までコンビニなど立ち寄りにくいのでドリンク類は案内所周辺で買っておきましょう!

京阪電車の鉄橋。

これがなにかと絵になります。

基本的にはこんな眺めが続きます。鉄橋のあるほうが案内所側。鉄橋を背に進んでいけば、流れ橋にたどり着きます。

すいすい~。

流れ橋まではだいたい30分みておくと…というところでしょうか。橋が近づくと茶畑が現れます。山間部で栽培されるお茶を「山茶」。それに対し、水辺の砂地で栽培するお茶を「浜茶」と呼ぶそうです。八幡市では「てん茶」(抹茶の原料)をつくっているんですよ。八幡市がお茶の産地であること、知らない人が多いかもしれません。先日紹介した「やわた走井餅老舗」の茶店では、八幡産のお茶を提供されています。ご来店の際は、この茶畑のことも思い出してくださいね。

さあ、流れ橋に到着です!

流れ橋は、正式名を「上津屋(こうづや)橋」といいます。全長356.5m。川が増水した祭、橋板や橋桁が流れ出す仕組みでつくられてきました。それは、川の増水時に、堤防の決壊や橋が流れることでの被害を最小限に食い止めるため。しかしここ数年、さすがに流され過ぎた…それはそれで損害があるので話合いを重ねた結果、橋の構造を一部強化するかたちで今年改築されました。

橋の上を自転車で行きたい時は、自転車を降りて歩きましょう。橋の向こうは久世郡久御山町。

橋のたもとに立つこの石碑は俳優の故・藤田まことさん寄贈。はぐれ刑事、必殺仕事人…好きだったなー…

さて、ここからまた引き返す前に、流れ橋のそばにある「四季彩館」に立ち寄ります。ここは八幡市の特産品の直売所や、ビュッフェ式食堂などが揃う施設。ランチもできますし、小腹を満たすことも、おみやげを買うこともできるんです。お手洗いもあるので済ませておくといいでしょう。ソフトクリームもあるみたい。

ちなみに自転車は四季彩館で返却することもできます。レンタサイクルの詳細はこちらのページの最下部へ!

【京のこたび番外編 八幡市編(全3回)】
vol1男山ケーブルの撮影ロケ地はここ!
vol2 八幡市のうまいもん10選
vol3 レンタサイクルで流れ橋へ行こう
※掲載情報は2016年7-8月取材時のものです

【京のこたび番外編(vol.2/全3回)】八幡市のうまいもん10選


京都いいとこマップ(2016年9・10月号)京のこたび「八幡市」編で、誌面掲載しきれなかったスポットをご紹介。オモシロ風景や八幡市グルメをお届けします。(全3回)

誌面で紹介した以外にも、八幡市にはおいしいものがいっぱい!誌面には載せきれず、地図上に名前を置いただけ…というところもありました。今回のブログで一挙ご紹介しましょう。

【1 朝日屋の棒寿司】

場所は八幡市駅前。創業100年を超える「朝日屋」さん。名物料理は、鯖の棒寿司。いわゆる「鯖寿司」です。単品注文もできるんですよ。八幡市の郷土料理「八幡巻」(ゴボウを鰻などで巻いたもの)も要予約でいただけます!米は八幡産、野菜も八幡や近隣の地野菜を多く使用。

※お味噌汁はサービスでいただきました

【2 カフェキャンドルのサンドイッチ】

八幡市駅の八幡市観光案内所の向かいにある喫茶店。元々は江戸後期から大正時代頃まで鳥料理店が営まれ、その後煙草屋になり、1972年喫茶店となりました。玉子サンドは半熟でとろとろ。八幡市産の竹の子を使った、竹の子サンドもあるようです。竹の子シーズンには季節限定のお弁当も…!?

【3 和菓子のみささ堂】

男山のふもとにある相槌神社のななめむかいに「みささ堂」という昔ながらの和菓子屋さんがあります。三色だんごや六方焼など素朴なお菓子が並んでいます。石畳の道、素朴な和菓子をほおばりながら歩きたいものです。旗が目印。

【4 じばん宗】

現当主は7代目。名物は三角の形をした「ういろ」。歯切れ・舌触りが違うと絶賛の声をいくつか聞き、一度食べてみたいと訪問。午前中で売り切れると聞いて、10時台にお店へ行くとすでに売切れ&ほかのお菓子も品薄…。予約したほうが無難かも。

【5 小谷食堂】

じばん宗の近くで街道沿いにある食堂。テレビの取材もあるようです。カレーうどんならぬ、カレー中華が有名。編集部の某上司もお気に入りの一品のよう。

【6 都飯店の四川ラーメン】

八幡市出身のスタッフが里帰りすると食べに行くという都飯店。昼時を過ぎても次々と人がやってきます。地元民やサラリーマンたちの支持があついんですね。四川ラーメンが一番人気のようです。スタッフも店のことを「四川ラーメン」と呼んでいました。※写真は「都ラーメン」

【7 吉兆 松花堂店の松花堂弁当】

八幡で情緒あふれる日本庭園を見るなら「松花堂庭園」がおすすめ。その敷地内にある「吉兆」の名物は、松花堂弁当といえます。というのも、松花堂弁当は、そもそも江戸時代の僧で文化人だった松花堂昭乗愛用の四つ切の箱にヒントを得た吉兆創業者が考案。松花堂昭乗が晩年を過ごした草庵「松花堂」が園内に移設されている「松花堂庭園」のそばで、昭乗ゆかりの松花堂弁当を食す…というじつに文化的な時間が過ごせます。

【8 リーブル】

らくがき寺の近くにあるパン屋さん。地元の人にはとても馴染みのあるお店のようです。「昔ながらのパン屋さん」という響きに弱い方、ぜひ足を運んでみて。

【9 やわた走井餅老舗】

石清水八幡宮門前の名物餅。夏場はかき氷の上にもオンされます。走井餅のほかにも、季節折々の和菓子、わらび餅、チョコあられなど揃っています。お土産選びに立ち寄ってみては。歴史ある店の雰囲気も必見です。

【10 亀屋芳邦の石清水】

2016年秋の非公開文化財特別公開(10/28~11/7)の公開場所になっている「正法寺」のななめむかいにある和菓子屋さん。様々な和菓子がずらっと並んでおり、誌面では「源氏巻」という郷土銘菓をメインにご紹介しました。下写真の「石清水」は、散策中の糖分補給にもおすすめ。けっこう分厚いです。流れ橋の近くにある「四季彩館」でも販売されていましたよ。私はそこでいただきました。

【京のこたび番外編 八幡市編(全3回)】
vol1男山ケーブルの撮影ロケ地はここ!
vol2 八幡市のうまいもん10選
vol3 レンタサイクルで流れ橋へ行こう
※掲載情報は2016年7-8月取材時のものです

【京のこたび番外編(vol.1/全3回)】男山ケーブルの撮影ロケ地はここ!


京都いいとこマップ(2016年9・10月号)京のこたび「八幡市」編で、誌面掲載しきれなかったスポットをご紹介。オモシロ風景や八幡市グルメをお届けします。(全3回)

京都いいとこマップ(2016年9・10月号)の巻頭グラビアを飾った「男山ケーブル」。京阪本線「八幡市」駅の近くに乗り場があり、石清水八幡宮の境内が鎮座する男山山上へと約3分で運んでくれるケーブルカーです。

石清水八幡宮の参詣者のために作られたケーブルカーは、大正15年に営業をスタートするものの、戦時中に営業廃止。それから時をへて昭和28年、現在の京阪電車が男山ケーブルの敷設免許を申請。昭和30年から京阪電車による男山ケーブルの営業が始まりました。

京阪電車と同じ赤と黄色のツートーンカラーで、おもちゃのようなフォルムがかわいらしいですよね。

撮影地としてまず向かったのは、木津川沿いのサイクリングロード。ここからはケーブルカーの遠望を撮影。男山ケーブルは途中2つのトンネルをくぐるのですが、ちょうどトンネルとトンネルの間で、外に出てきたところを押さえることができます。ひょっこり現れてはゆるゆると動いて進む…本当のおもちゃみたいでした。

今度はもっと近くで撮ろうと、石清水八幡宮の一の鳥居へ。この鳥居のわきにある細い道を入り「神應寺」を目指します。

青もみじに覆われた「神應寺」参道。秋もきれいだろうなあ。

境内。「神應寺」の拝観は予約制なのでこの先には進まず左折。

「男山散策路」の看板が示す先へと進みます。すると…

きたーーー!!!(><)

もう少し散策路を進むと、ケーブルカーの鉄橋下に到着。・・男山にこんな渋いロケーションがあっただなんて!この秘境っぷりに胸がときめきます。でも蚊がいます。かゆいです。ちなみにこの鉄橋は、日本のケーブルカーの鉄橋の中で日本一の高さだそうです!

次は上から見てみようということで、こんな草道をかき分け小高い場所へと移動。途中、トレランしている人にも遭遇。

こんなふうにケーブルカーを上から激写!男山のトンネルを抜けて鉄橋を進むケーブルが見られるポイントです。乗客もこちらに気付いてくれたので手を振り合いました。写真奥のほうが男山山上です。蚊がいます。かゆいです。

なお、男山ケーブル乗車時の鉄橋通過中、車内からはこんな景色が見られます。木津川、背割堤が見えますね。

「神應寺」のすぐそばには、「厄除け不動」と信仰されている「杉山谷不動尊」。

季節柄、蚊が多くて、ざっと10カ所は噛まれたんですが(- -)、マイナスイオンたっぷりの清々しい場所、来てよかったと思いました。かゆかったけど後悔はありません!そういう意味では、これからの秋シーズンのほうがおすすめの場所かもしれませんね。「男山ケーブル」、歩くだけでなく、ぜひ色んなロケーションからも眺めてみてくださいね。

【京のこたび番外編 八幡市編(全3回)】
vol1 男山ケーブルの撮影ロケ地はここ!
vol2 八幡市のうまいもん10選
vol3 レンタサイクルで流れ橋へ行こう
※掲載情報は2016年7-8月取材時のものです

幻の表紙


京都いいとこマップ最新9-10月号、みなさんご覧いただけましたでしょうか?ウェブでも好評配信中ですので、ぜひご覧くださいね!

今回の表紙、10棟の国宝を持ち、織田・豊臣・徳川ともゆかり深い「石清水八幡宮」の摂社「石清水社」を表紙にしています。男山の中腹にあり、ここに涌く霊水があったことが神社の名前の由来にもなっているんですよ。

神秘的でかっこいい写真に仕上がっていますが、じつは表紙の写真候補はほかにもありました。

それがこちら。

左は石清水社の別カット。右は時代劇のロケ地としても有名な流れ橋です。お蔵入りになるのはもったいなかったのでここで供養(人)

なお来週の9/5~7は、誌面で紹介しきれなかった八幡市のいいとこを当ブログでご案内していきます!お楽しみに(^^)

冷たくておいしいあなたを食べたかった


きのうの記事でもお話したように、最近は八幡市への取材でよく出かけています。この季節の取材はとにかく暑い!なのでこんなものを見かけるとそそられてしまいますね。

八幡市の「四季彩館」というビュッフェ式レストランのお店の入口付近にひっそりと佇んでいた彼女。食べたかったけどガマンガマン・・・。ちなみに四季彩館の裏手は有名な「流れ橋」ですよ!

取材中のランチは思い出の味


みなさま、京都いいとこマップ夏の最新号はごらんいただけましたでしょうか??夏真っ盛り、祇園祭もこれから!という時ですが、編集部はすでに秋号の制作に取り掛かっています。予告にもあるように秋の特集は「八幡市」。八幡市はいいとこのフォトグラファーS氏の馴染みある地でして、取材時のランチにもS氏お気に入りのラーメン店に連れて行ってもらいました。

「四川ラーメン行っていい?」と言うので、それがお店の名前かと思えば店名は「都飯店」。京阪エリアを中心としたチェーン店だそうです。メニューは初来店者ならば目移りするほど豊富。平日のランチ限定メニュー(醤油ラーメン+チャーハンで550円など)も安くてお得。四川ラーメンが一番人気のようですが、辛めが苦手な私は(といっても四川ラーメンはぴりっとする程度のようですが)、とんこつ魚介のスープで細麺と太麺が選べた「都ラーメン」を注文。

雑誌にもたびたび紹介されているらしい「から揚げ」もおいしそうでした・・・。テーブルの上には「天かす」。ラーメンには珍しいトッピングですね。

どんどんお客さんが入ってくるので、地元民の支持の高さがうかがえます。八幡でランチに迷ったらこちらのラーメンを食べに行ってみては?

夏越祓です


6月末に行われる「夏越の祓」は、神話を由来として始まった行事で、半年分のケガレを落とし、これからの半年を無事健康に過ごしていけますようにと祈願する行事です。旧暦の6月末ということで7月末に行うところもありますが、だいたいの神社が6/30に執り行います。

いちばんの特長は「茅の輪くぐり」。チガヤという草で編んだ大きな輪っかを横にした8の字のようにくぐります。その製作現場に遭遇しました。まだ未完成だけれども、せっかくだからと通っていく参拝者の方の姿も。

ある程度の束になったチガヤを糸で結びつけています。コオロギのような虫がついていたらしく、作業中のおじさんたちがなんの虫かなあとのぞき込んでいた様子もほほえましかったです。「ゴ●ブリ?」って言っていたのは聞えなかったことにしたいと思います(- -)

▼夏越祓で水無月を食べよう

http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/6648

【京都の桜2015】石清水八幡宮(最終更新日4/3)


【京都の桜名所】石清水八幡宮

■2015年4月3日の様子
見頃です。

4月30日まで「男山桜まつり」と称して様々な行事が執り行われています。
たとえば、4/4-5(18時~21時)は「夜の特別参拝 石清水灯燎華」を実施。
ちなみに4/29-5/10は京都春季非公開文化財特別公開も実施されるそうです。

■最寄りアクセス
京阪本線「八幡市」駅から歩いて男山ケーブル「男山山上駅」に乗り換え下車徒歩5分

■ご近所スポット
・淀川河川公園背割堤
http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/22235
■関連記事
・京都の桜名所一覧
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/season/sakura/lineup/
・京都の桜2015レポート
http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/tag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%81%AE%E6%A1%9C2015
・instagramで届ける京都の名風景「京都いいとこフォト」
https://instagram.com/kyoto_iitoko

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る