京都いいとこブログ > 京都の食事処・グルメ > 京都のイタリアン・フレンチ

「京都のイタリアン・フレンチ」一覧

(全26 記事を1ページあたり10記事ずつ表示)

紅葉狩りのランチにもおすすめ、ウッディーなカフェでパスタランチ


イタリアンやフレンチのメニューがあり、カフェタイムも利用できる「cafe nido」は、東大路通とJRが交差するところの南側の道を西へ入ったところにあります。テラス席もあり、ウッディ―な雰囲気。ランチはドルチェがつくかつかないか、そして数種類のメイン(パスタ)から選べます。

前菜盛り合わせプレート

メイン nidoのラザニア

大きい!そしてこの焼き色!たべごたえじゅうぶんです。食後のお茶はハーブティーを選択。

泉涌寺や東福寺の近くなので、きものを召されたご婦人もランチしていました。ゆったりとしたテーブル席なので着物でも安心な気がします。

路地にある洋館のパスタ屋さん


四条河原町のマルイの裏手にある石造りの洋館は、

パスタのお店「Caldo(カルド)」。

メニューの種類は豊富。

迷ってしまうので

本日のランチにしました。

ミニサラダとパンがつきます。

パスタの洋食器も雰囲気ありますね。

大正時代の洋館を改装したそうで

店奥の部屋からは高瀬川も見られます。

ほの暗い店内。

ひっそりとレトロな雰囲気が漂います。

フランスの串焼きランチ


フランスの串焼(ブロシェット)がモデルという

串焼料理が楽しめるカジュアルなレストラン。

ワインの元となる「“ブドウの枝」と一緒にスモークした串焼はワインとの相性もばっちり。

お店にはソムリエもいるのでワインと一緒に楽しみたいですね。

ランチの串焼3種が選べるランチを選択。

スープにサラダ、ちょっとした野菜のおかず数品に

パン(はなかごパン製)or雑穀ごはん。

串焼は「丹波地鶏」「海老&アボガド」「ミックス野菜」にしました。

ほかにも、錦雲豚、ハンバーグ、白身魚、サーモンなど

いろいろ選べます。

花園駅裏の気軽なパスタランチ


JR花園駅といえば、花の寺で有名な法金剛院や禅寺・妙心寺のアクセス駅のひとつ。

その花園駅の改札から徒歩約60秒。駅のロータリーがある反対側に

民家を改装したようなカジュアルカフェ「ぴちぴち金魚」があります。

1階はカウンターとテーブル。靴を脱いであがる2階はテーブル席。

棚には絵本が並んでおり、ブックカフェのような雰囲気も漂います。

パスタセットやオムライスのセットなどセットメニューがありました。

パスタセットには2種類あって、Aセットは選べるパスタ・サラダ・自家製フォカッチャ。

Bセットになると選べるケーキとドリンクが付きます。

パスタは本日のおすすめ含め10種類以上(すべて単品注文可)。

ケーキはガトーショコラなど3種類から選べました。

まずは、サラダとフォカッチャが登場。

フォカッチャ大きい!さらにパンがもう1種ついています。

続いてパスタ。トマトとモッツアレラのパスタにしました。平打ちの生パスタです。

デザートはチーズケーキ。ケーキはハーフサイズとのことでしたがしっかりとしたサイズ感。

添えられていたミルクのジェラートもあっさりとした味わいで好印象。

サーブ頂いた時に「今日の豆は■■です」と説明いただいたので珈琲にもこだわりがある模様。

ケーキとジェラートにとても合う珈琲でした。お皿には店名にもなっている金魚。

訪問時、お店を切り盛りしていたのは店主のお兄さんひとりのようでしたが、

ひとりひとりのお客さんに丁寧に接客されていて、かつ調理もこなして…

心地よく過ごせるお店でした。

店名の由来を聞けなかったのが心残りです。

京都NEW OPEN 京懐石イタリアンレストラン「three*」本日オープン


TV「料理の鉄人」にも出演されていた坂井謙介シェフプロデュースのレストランが

2015年11月26日にオープンしました。

場所は富小路三条上ル、サクラアネックス地下1階。

地下といっても、外付けの階段を下りてすぐのところ。

大きな窓があり、店内も明るい雰囲気です。

西海岸をイメージしたという店内。奥には個室もあるとか。

いただける料理は、京都の食材を使った創作イタリア料理。

それが和の懐石スタイルで提供されます。

レセプションでいただいたお料理がこちら。

御膳にのった彩り豊かな料理の数々!

和の懐石を思わせる器に盛りつけられており、お箸でいただきます。

右上のお造りは、カルパッチョ3種盛。

左上の御椀は「聖護院カブのスフォルマート、一口そば、キノコのスープ」。

和食でいうところの茶碗蒸しのような存在でした。

中央下の四角のお皿の八寸には、和牛やヤリイカのお寿司とカナッペ。

その右隣は京赤地鶏のバルサミコ煮。見た目は八幡巻のようでした。

中央上の器にのった生ハムで巻かれた野菜は「京野菜のバーニャカウダー風」。

京都山科の契約農家から仕入れた野菜を抹茶クリームソースにつけていただきます。

左下は水菓子です。皮をむいてくれたビオーネとモッツァレラブッファラでした。

御膳をいただいた後はパスタが登場。「宇治ノベーゼリングイネ 湯葉と抹茶を添えて」。

まろやかな湯葉がいい仕事をしているパスタでした。

ランチタイムは、日替わりの季節の前菜5品と選べるパスタに、

水菓子とドリンクがついた「ランチ懐石パスタ膳」(税別1680円~)など。

坂井謙介自らが目利きしたという宇治抹茶を使ったスイーツやドリンクも豊富。

2016年には、抹茶ブランド「THE MATCHA」も立ち上げ予定。

抹茶を使った飲食アイテムと美容アイテムを取りそろえ店頭で販売されるそうです。

見た目は和食、調理方法はイタリアン。そんな食事が満喫できます。

プロジェクターも完備とのこと、パーティー利用も可能ですね。

■three*
平日  ランチ11:30~14:30(L.O.14:00)/ディナー17:30~22:00(L.O.21:30)
土日祝 ブランチ11:30~15:30/ティー15:30~17:30/ディナー17:30~22:00(L.O.21:30)
※不定休
http://three-italian.com/

京町家で春を感じるピザランチ


とある休日。西洞院六角下ルの「エンボカ京都」へ。
「エンボカ」は軽井沢と東京にも店舗がありますね。

町家を改装したレストラン。
店内は吹き抜けになっており、天井が高い!
3階建てくらいの建物だったんでしょうか。

まずは前菜。
パルミジャーノ レジャーノのサラダと生ハム2種
(イベリコ豚ともう1種は失念…ハモンセラーノ…だったかな)の盛り合わせ。
生ハムの下にはドライフルーツ(無花果とアプリコット)。

そして窯焼き野菜。
鳴門金時、芽キャベツ、ニンジン、椎茸、蕪の5種を塩でいただきます。

つづいてビーツのスープ。白い部分はカリフラワーのポタージュ。

そしてピザ。4種をハーフ&ハーフでいただきました。

マルゲリータ、れんこん

生海苔、ふきのとう

驚くほどあっさりぺろりといただけました。
れんこんはジェノベーゼのソース、ふきのとうは味噌系です。

町家のおしゃれな空間で
ゆっくりおしゃべりしながら食事を楽しむことができました。

ここら屋さんのイタリアン


店先にごろごろと並べられた大きな野菜が印象的な「ここら屋」。
昼はボリュームある定食ランチが食べられて、夜は居酒屋という京都の人気店です。
京都市内に複数店舗あるんですが、御幸町南店(六角下ル)がリニューアルされました。

その名も「御幸町食堂」。
現在は夜の営業のみのようでイタリアンですよ!

高野川沿いでイタリアンランチ


北大路通から高野川沿いを南へ。
カナート洛北を過ぎてしばらくしたところにあるイタリア料理店クリノコでランチをしました。

通常、前菜、自家製パン、パスタ、デザート、ドリンクで1500円から。
※この時はお正月だったので価格は変則的に。
前菜

こかぶと九条ねぎのパスタです。ドリンクはカプチーノ。
 

高野川沿いは桜並木なので春は店内からの景色も良いでしょうね。
ご馳走さまでした。

編集部御用達、隠れ家的イタリアンレストラン


編集部から徒歩2分以内のところにあるカフェマノワール
西院の隠れ家的イタリアンレストランです。

あんまり広めると、地元会社員たちの席がなくなるので(笑)
教えたくないな~というのが本音ですが…紹介しちゃいましょう。

西大路四条の裏路地にこんなお店が!?と驚くような場所にありますが、男性一人客から女性のおひとり様、私たちのような周辺の会社員から、奥様の集まり、カップルなどなど幅広いお客さんで賑わっています。

お得なのは日替わりランチ780円。日替わりのメインにサラダ(ポテトサラダも付きます)・スープ・ごはんorパン、紅茶or珈琲がセット。ごはんを選ぶと柴漬けも登場します。ちなみに土日祝のランチは、パスタランチ980円になって前菜・パスタ・パン・紅茶or珈琲がセット。

この日は海鮮フリッタのトマトクリームソースでした。
ソースはきのこ類も入ってて秋を感じるランチになっていました。
あ、スープのみかけなので(汗)ちょっと量が減っています。失礼。

一週間コトコト煮込んだ自家製ドミグラスソースのかかるオムライス・ハヤシライス・ハンバーグもおすすめ。カルボナーラなどパスタ系もおすすめです!

【ゆきち】

住宅街の気軽なパスタ食堂


ずいぶん前に紹介した「cafe de corazon」(カフェ デ コラソン)」の近くにあるパスタ食堂「河村食堂」。今出川通から小川通を南下していったところにあるこじんまりとしたお店で、店主がひとり切り盛りされています。青い看板が目印。ワインやパスタが気軽に味わえる食堂です。

ランチは2パターン、ともに850円。隠れ家が好きな方は是非!

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る