京都いいとこブログ > 京都の和食 > 土用の丑の日に食べたいもの

土用の丑の日に食べたいもの


価格高騰がニュースになっている鰻…
でもやはり土用の丑の日には鰻を食べておきたくなるので不思議ですね。

そもそもの始まりは幕末の学者「平賀源内」。
夏場にウナギが売れないという相談をウナギ屋から受けた源内は
「本日、土用丑の日」
と書いた張り紙を出したそうです。結果うなぎ屋は大繁盛。

また、丑の日に「う」のつくものを食べると病気にならないという伝承もあり、
「ウナギ」もこれに合致していたため…ともいわれています。

という薀蓄はともかく、鰻がたべたくなーる動画をご紹介。

祇園・路地奥のうなぎ専門店「かね正」さんです。

●かね正の店舗情報
http://kiv.graphic.co.jp/?p=97

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る