京都いいとこブログ > 京都の和菓子 > 土用入りの日に食べたいもの

土用入りの日に食べたいもの


2012年は7月19日が「土用の入り」。7月27日が「土用の丑の日」で、8月2日が「土用明け」です。
土用と聞けば【】!!と声があがってきそうですが…
あんころ餅】も食べなければ、土用の日を過ごした気になれないユキチです。

そんな折、西院・養老軒さんにて「あんころ餅」をいただきました!中はお餅なのでオハギとは異なります。

かつて宮中では、ガガ芋の葉を煮出した汁に、もち米の粉を練って丸め、味噌汁に入れて
土用入りの日に食し暑気払いをしたといいます。
小豆餡でくるんだ餅を食べて夏の悪病災難除けとしたのは徳川時代中期頃からとか。

お餅を食べると腹の底に力がたまるような感じがします。
今年も暑くなりそうです。あんころ餅で暑さをのりきるパワーをつけませんか。

ちなみにこちらは新商品の「レモンクリーム大福」。編集部スタッフにも大好評です!

 

なめらかなクリームと一緒に岩城島産のレモン皮が入っています。
冷茶と一緒にいただきなくなる爽やかな大福です。

~関連記事~
●TVでも話題!夏にうれしい「おはぎアイス」
http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/1270

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る