京都いいとこブログ > 京都の行事 > 京都でホタルを鑑賞しよう -京都のホタル名所2014まとめ

京都でホタルを鑑賞しよう -京都のホタル名所2014まとめ


まもなく6月。ホタルの目撃情報が聞かれるようになってきました。
早いところでは、もうすでにホタルの観賞会が始まっています。
そこで、京都市内を中心に主なホタル鑑賞スポットをまとめてみました。

【京都市内のホタル観賞スポット】


写真/知恩院総門近くの白川

☆京都の蛍スポット1:哲学の道
哲学の道のどのあたりでホタルが多く見られるかは、年によってまちまちだそうです。
白川通から東側(大文字山のほう)で見る人が多いかもしれませんが、
白川通から西側(ラーメン屋ますたになどがある方)もホタル観賞におすすめのようです。

☆京都の蛍スポット2:上賀茂神社
境内の「ならの小川」あたりでホタルが見られるようです。

☆京都の蛍スポット3:下鴨神社
「蛍火の茶会」 2014年6月14日
蛍の開放は19:50頃を予定。御手洗川付近です。茶席は申込必要。
楼門前参道では「糺の森納涼市」(13時~)も催されます。

☆京都の蛍スポット4:大原
建礼門院ゆかりの寂光院前や草生川周辺がホタル鑑賞ポイントだそうです。
※大原散策の参考ページ
・夏の大原特集
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/2011/07/index.html
・女子大学生が考えた母娘で行く大原周遊コース
http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/category/university/student

☆京都の蛍スポット5:高雄
高雄の清流・清滝でのホタル観賞。
高雄の川床では、蛍の観賞シーズンになると消灯タイムがあるんですよ。
高雄は青もみじもおすすめ。川床には屋根もあるので多少の雨も心配無用ですね。
※高雄の川床参考
高雄錦水亭
もみじ家
高雄観光ホテル

☆京都の蛍スポット6:貴船
鞍馬川と貴船川がホタルの鑑賞ポイント。6月ではなく7月上旬頃が見頃の時期だそうです。
2本の川が合流する「蛍岩」周辺がおすすめという噂。
※貴船の川床参考情報
http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/6194

☆京都の蛍スポット7:旧嵯峨御所 大覚寺
「大覚寺 蛍放生」2014/6/7・14 18時~21時 要予約
内容:蛍放生(1人3匹程度)、夜間拝観・法話(大覚寺僧侶による案内で諸堂エリアを拝観)
大覚寺「蓮御膳」(精進料理)の夕食、勅封心経御守進呈
くわしくはこちらをご覧ください。
http://www.kyokanko.or.jp/sennen/

☆京都の蛍スポット8:清滝
清滝道を北上し、清滝トンネルをくぐった先にある集落・清滝。愛宕山東南ふもとの地域です。

☆京都の蛍スポット9:祇園白川
巽橋付近や、華頂通の知恩院総門付近~平安神宮大鳥居の方にかけての
白川沿いで蛍観賞ができるようです。
平安神宮大鳥居付近の白川沿いに関しては、こちらの特集のマップをご参照ください。
http://kyoto.graphic.co.jp/pickup/kotabi/2013/09/index.html

☆京都の蛍スポット10:粟田山荘
「ほのかに光る螢の夕べ」2014/5/17~6/22 17時半~21時
京都ホテルオークラ別邸粟田山荘の毎年恒例ホタル観賞夕食プランです。
※ホタルは20時頃~
http://okura.kyotohotel.co.jp/event_detail/restaurant_recommend/awata/hotarunoyube2014.html

☆京都の蛍スポット11:高瀬川

【京都市外のホタル観賞スポット】

☆京都の蛍スポット12:相楽郡精華町 けいはんな記念公園の水景園
「蛍鑑賞会」2014/5/24~6/15  19時~21時半(21時受付終了) 一般300円 木休
5/29よ6/5には要予約でお弁当付きの観賞プラン「ホタルの夕べ」があるようです。
月曜日にはガイドツアー、金曜日にはホタルコンサートが実施される様子。
http://www.keihanna-park.jp/

☆京都の蛍スポット13:与謝野町 岩屋川上流

☆京都の蛍スポット14:井手町 谷川ホタル公園
ゲンジホタルの生息地である南谷川沿い。6月中旬頃。

☆京都の蛍スポット15:宇治市植物公園
「蛍ナイター」2014/5/24~6/15  日没~21時半(21時受付終了) 
夜間入園料金一般300円 月休

土日は無料シャトルバス運行などあるようです。
http://uji-citypark.jp/ucbpark/2014%20hotaru%20ura.pdf

※天候などによりホタルが見られない日もあります
※マナーを守って観賞しましょう^^

                                    

関連記事

 人気記事ベスト5

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る